スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス色の土日~横浜アリーナとPiOで~【その1】

夢なら覚めないでいて、どうも僕です。



ますはこちらをご覧頂きたい。






『 人 生 』




お分かりいただけただろうか。
ある人にはバラ色に、またある人には『クラナド』であるこの2文字。



…今の僕には、はっきりとこう読めます。



そう、

『アイマス』であると!



そんなわけで、去る6/23㈯、24㈰には横浜アリーナで開催されたアイドルマスター7周年記念ライブ、
『THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!』に参戦しつつ、
アイドルマスターオンリーイベント『歌姫庭園-THE IDOLE G@RDEN-』にサークル参加してきました!
(今更感想を書くのは、PCを使える環境になかったからです(汗))


詳細なライブレポは諸先輩Pやマイナビさん等の素晴らしい構成力・文章力をお持ちの方々のブログやサイトにお任せするとして、ここではあくまで『個人的な日記みたいなもの』を綴っていこうと思います。



~土曜日~


前日に仕事を終えて帰宅後、夜な夜なタイトルロゴの制作と表紙に最後の手直し。
この時点で既に時間との闘いの真っ只中にありました。

かなりヤバかったですね、ええ。

土曜は午前5時に起床し、せっせとコピー本の表紙の印刷のためコンビニへ。


んが。


複数の店舗でカラー原稿の印刷をためしたものの、発色がイマイチ!
思うような仕上がりにならず、結局帰宅して『力技でスキャナーに取り込み⇒プリンターで出力』の方が遥かに発色の良い表紙が出来上がることに気付き、印刷速度の遅いマイプリンターであくせく刷って行きました。

裏表紙も文字だけはカラーだったので同様に刷っておくべきだったのですが、さすがに時間がなく断念!


この後、コピー本の原紙(断切含めてA4サイズの原稿をそのままちょん切るとオフセにするとき困るので、一端A4でコピー⇒B5に裁断という手順を取りました)を刷り、諸々の荷物を最寄駅のコインロッカーにぶち込んで、急いでいざ新横浜へ!


新横浜へ行くのは初めてだったのですが、電車内で見かけたPの方々について行ったおかげで東神奈川での乗り換えをスルーすることなくできました。



そしてやってきました横浜アリーナ!

アイマス横浜アリーナ1

もちろん、自身初のアイマスのライブ参加です!

開場1時間前くらいに現地に着たのですが、すでにアリーナの周囲には黒山の人だかり…もとい、96山のPだかりが!!!

「すげえ…すげえよアイマス!」
この時点で少々ビビってしまう、僕。


そして、Pのみなさんがちらほらと着用されていたライブオリジナルTシャツとタオルを入手すべく物販コーナーにのこのこと向かってみました…



が、しかし。



殆ど売り切れ状態!


比喩表現なく、『殆ど』です!!
辛うじて手に入れられたのが、ライブパンフレットくらい。

7thライブパンフ
【出演者の皆さんの美しいグラビアと熱いメッセージがいっぱいいっぱい!】


後で知りましたが、この物販でTシャツやらタオルやらを買おうとおもったら、午前中から並ばなきゃいけなかったみたいです。

「すげぇ…すげえよアイマス!!」

グッズが買えなくて落ち込みましたが、それと同時にかなりビビりました。


んでもって、ホール内へ入場。


ライブ1日目は立ち見席ということもあり、アリーナ席後ろの通路に陣取ることに。
会場内は見事に全席が埋まっていて、通路の立ち見エリアもでひしめきあっていました。

更に、開演前に流されているアイマス楽曲に方々から合いの手のコールが入るなど、既に雰囲気が出来上がっているありさま!


「うっわ~!す…すげぇ!!!!」

ステージが始まる前から、独特の雰囲気に色々と圧倒されてしまいました。


ともあれ、翌日のライブ2日目はアリーナ席で見ることになっていたので、アイマスライブ初参戦ということもあるし、1日目は『完全にノリノリになる』こともなく、周囲の雰囲気に戸惑いながら小さくサイリウムを振る程度のライブ体験になるだろうなぁ~なんて思っていいましたが…



そ ん な こ と は な か っ た ぜ ! 



何だあの一体感!

何だあの盛り上がり!

何よりもステージ上の演者のみなさん!!
あれ、『本物の2.5次元』ですよ!!

歌はCDで聴いた通り、否、それ以上のパフォーマンス!

キレのいいダンス!

面白いMC!

繰り出される歌!歌!歌!


それを見て湧き上がる会場!!!!


周りの歓声に飲み込まれる形で、自分も思いっきり叫びまくり、コールでFOOFOOしまくり、サイリウムも全身全霊で振りまくりました!!!


もうね、


最高でした!


主にアニメの内容を意識した楽曲・演出だった様に思います。
その他、会場一体となったウエーブがあったり、10月発売のPSP新作ゲームの発表があったりと盛りだくさんでした。

楽曲(キャラクター)に合わせてサイリウムを持ち帰るのは中々苦戦しましたが、会場内は見事なまでに素早い切り替えが行われていました。

あの光景はマジで鮮やかです。

個人的には、会場内のプロデュンヌ(女性ファン)に掛け声が求められたとき、予想外に多くの歓声が還ってきたことに男性Pがどよめいていたとこが面白かったです。(僕もどよめいた声の一人ですがw)

アイマスが女性にもしっかり人気があることを思い知らされました。

アイマスすごい!アイマスゴイ!!

あと、

・春香の『乙女よ大志を抱け!!』での「レベルア~プ」
・真の『自転車』での「好きだー!」
・律子の『いっぱいいっぱい』の「いっぱいいっぱい」と一番最後の「大好きー!」

この3つのコールは是非ともやってみたいと思っていたので、思いっきり叫ぶことができて大満足です!

コールとは別ですが、生の、本物の釘宮さんに「くぎゅうううううううううう」と叫ぶことができたのはオタク冥利につきましたね。


なにがともあれ、アンコール曲が終了するまで、全てが最高に熱いライブでした。
終わった頃には身体は汗だくで、完全にフラフラしていました。


でも、本当に楽しかったッ!!
初参戦とかに関係なく、マジであのライブは楽しめます!

公演終了後、会場から湧き上がる「アイマス最高(柏手×5)」コールには感動し、僕も便乗しました。
あれ、毎回湧き上がってるんだろうなぁ~。


このライブ、『アイドルマスター』というコンテンツを支える全ての人、スタッフ、演者、P(ファン)すべての人の7年分の歴史の詰まった『アイマスへの熱い思い』を肌で感じることのできたステージだった様に思います。


4時間に及ぶ長丁場は、すべての瞬間が『アイマス愛』で築かれた熱いものでした。




…なんて、去年の今頃はアイドルの名前も分からなかったニワカ野郎がこんなことを言うのは生意気ですよね(汗


そうですね。


でも、確かに感動したんです!
スゲェ楽しかったんです!

今年1番ハジケたんじゃないかな。うん。
まさに、『想い出をありがとう』(←ライブでは演りませんでした)って感じです。


アイマス最高ッ!!!!!!!






さて、体力ゲージが0になる手前までライブを堪能しつくした僕ですが…



この日、




ヘトヘトになった体を休めることは許されなかったのです。


眠ることさえ、も。




そう、




オンリーイベント『歌姫庭園』のための、製本作業が待っていたから!!!!\(^o^)/





疲れた体を引きずり、陣取っていた蒲田のホテルへ移動。


この土日最大の戦いが、僕の中で始まろうとしていた…。



                               【勝手につづく!】
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かしま卜電

Author:かしま卜電
毎年を修行の年と位置づけしつつ、振り返ると万年修行のアナログ野郎。


【twitter】
@kashibock

かしま卜電のつぶやき
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。