スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輝きの向こう側へ行ってきた僕!

新しい幕を開けよう、どうも僕です。


いやぁ~、


いやぁ~、


いやぁ~

観てきましたよ。



劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』
バル9


昨年2月、幕張でのライブにて突如発表された、劇場版の制作決定。
あの日、あの客席で、その情報に狂気乱舞してから11ヶ月…


ついにこの時がやってきたのです!



アニメ版『アイドルマスター』放映終了から早2年…
各々が成長を遂げた765プロのアイドルたちが、
遂にアリーナの大舞台に!

しかも今回は後輩たちもできて、これまでとは違った立場での
物語が展開されます。

笑ったり楽しんだり、時につまづいたりしながらも、
まっすぐに『輝きの向こう側へ』と突き進んでゆく、
彼女たちの日々が描かれています。


さてさて、ここから先は感想になってしまうのでアレですが…


この映画、特にお気に入りのシーンがありましてね。







それは…













全部ですよ、全部!!!!!!!!!


他でもないアニメ版『アイドルマスター』からアイマスの世界に首を突っ込んで、

今回の映画の元ネタでもある2012年6月に開催された横浜アリーナでのライブにも参戦していた人間が、


こんな作品を銀幕で観て、泣かないわけがないんです!





ぶっちゃけ…





チケ

公開初日に3回観て、

2/1”映画の日”にも観たので、今のところ4回ほど鑑賞しております。


そして、その全部で感極まってます。

彼女たちの『(作中における)売れない時代』を知っているだけに、

そして『アイマス』というコンテンツ自体も長い歴史を持っていることを知っているだけに、

満員のアリーナで歌い、踊る圧巻のライブシーンを大スクリーンで目の当たりにすると
『ついにここまで来たかぁ~』ってな感じで、どうしてもこみ上げてくるものがあるんです。


僕なんかはアイマス歴が指折り数年の若輩者ではありますが、もっと長くこのコンテンツを
応援してきた方々は、はるかに感動していたハズです。

”『アイマス』を好きな分だけ、色んなものが返ってくる”
そんな映画だと思います。

バル9階段

ひとつの青春劇としても、とても見応えのあるこちらの1本。

前売り券がまだ手元にあるので、あと数回は観に行きM@S!!!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かしま卜電

Author:かしま卜電
毎年を修行の年と位置づけしつつ、振り返ると万年修行のアナログ野郎。


【twitter】
@kashibock

かしま卜電のつぶやき
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。