スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お笑いライブ『アニメ会はファンが少ない』に行ってきました!

翔ばたけ輝けエイエイオー、どうも僕です。

去る2012年3月18日、東京は新宿・歌舞伎町『ロフトプラスワン』にて開催された、オタク芸人トークユニット”アニメ会”さんのお笑いライブに行ってきました。


比嘉さんグッズ
【上の本は会場内で物販された比嘉さんの冬コミ本。下のカードは、特性メニューを頼むと貰えた比嘉さんがペイントで描いたカード。】

僕自身としては、アニメ会のメンバー4人が勢ぞろいしたライブを見るのは初めてのことです。

ライブのタイトルはその名も、
『アニメ会はファンが少ない』です!

何とも既視感のある、残念な高校生たちの青春を彷彿とさせるタイトルですね。

「何だ、オーディエンスも少なそうだな」などと思うこと無かれ!

このライブイベント、そんなタイトルとは裏腹にコンビニ販売されたチケットが早々に完売するという人気っぷり!
当日は会場内も満員で、大盛況でした。

いや~、僕もチケットを早めにゲットしておかなかったら危ういところでした。

な ん と い う タ イ ト ル 詐 欺 ! !

すげぇ…

すげぇよアニメ会!!


そんなライブイベントは、何とオールナイト!
00:30(正確には00:40くらい?)に始まり、終わったのは朝の6時過ぎ頃(だった気がします)!

夜通しと言えばすごく長そうに聞こえますが、ライブ自体は終始笑いっぱなしで、あっという間の夜明けでした。


肝心のライブの感想を掻い摘んで書かせて頂くと…



《第一部・オープニング》

先ずはメンバー各々が昨年~最近見たアニメの話中を心としたオタトーク。
アニメ好き同士が集まったら必ずする様な内容のトークですが、そこはお笑い芸人!
只のアニメトークでも、聴いていてちゃんと面白いんです!
いつも『ヲタめし!』を聴いていますが、やっぱり生での掛け合いは見ていて楽しいものがあります。

個人的には『ちはやふる』を掘り下げる形で広がったサンキュータツオさんのかるたトークがとても勉強になりました。



《第二部・プレゼン》

ここでは、各々がネタを披露する形で進められました。

 ☆一人目・国井さん

昨年放映されたアニメの中から国井さんが「コレはすごい!」と思ったシーンに焦点を当て、映像付きで解説するというコーナー。
国井さんが「えっ、そこなの!?」みたいなところにばかり目を付けられるというのは、昨年の『コレカミ!』にて経験済みでしたが、今回も中々にマニアックな視点で場面をピックアップされていて、思わず笑ってしまいました。

中でも、同じ場所における時間の流れを、飛行機雲と戦闘機の機種の違い(※もっとも、ママンがスク水を着ていた当時、F4は我が国では"戦闘機"ではなく”要撃戦闘機”でしたが)によって表現する『花咲くいろは』の演出は、航空機をかじったアニメ好きなら誰しもが「お見事!」と感心した名演出です。

本放送時も「凄い嬉しい演出だけど、分かる人がどれぐらいいるのかな」なんて思っていましたが…国井さん、流石です!



☆二人目・サンキュータツオさん

何てことないフツーの言葉を、厨二病っぽい文章に変換するという架空のアプリについてプレゼンするというネタ。
様々な変換事例を交えつつ、厨二っぽい文章に現れる特徴について考察し、端的にまとめ上げていらしたのは素晴らしかった。

一流大学の講師というのは、スゴイんですね!

何気に変換後の文章を国井さんが見事に的中させたのには大爆笑しました。

あと、紹介された厨二っぽい変換文はどれも笑わされっぱなしでしたが、実は元ネタがあったんでしょうか。
最後の方に出た北振のセリフしか気づきませんでした。



☆三人目・比嘉さん

…の、ハズでしたが、まさかの機材トラブル!
ディスクにまとめた動画が再生できないということで、急遽三平さんにバトンタッチ




☆真・三人目・三平さん

これまたお家芸(?)の、カップリング紹介漫談。
画面に映し出されたのは、色々なモノの”掛け算”の組み合わせのみが書かれてた紙。
どうやら、実際に腐の方々が描かれた同人誌に出てくる組み合わせの様です。

そこから観客にリクエストしてもらったカップリングについて語っていくという形式。

僕的には、「土石流×土のう」が最高にキテいました。
本当に、腐女子の方の発想はマジでスゴイと思います。

話の展開も怒涛なのですが、妙に良い話に締めくくられていて見事でした。

そして、そんな漫画の内容を言葉のみでありありと伝える三平さんの話術は、匠そのものでした。



☆四人目・比嘉さん

気を取り直して…のはずが、結局機材は治らず。

ゲームのプレゼンでしたが、比嘉さんによるプレイを大画面に映し出すのみというカタチに。
『ぎゃる☆がん』という、以前『ヲタめし!』内でもちらっと触れられていたゲームなのですが…

「告白をしに襲い掛かってくる学校中の女子を、眼力でメロメロにする」「感じやすい場所を狙って睨み付けエクスタシーに導くと、ハイスコアが貰える」というあまりに衝撃的すぎるゲーム内容に、会場内は爆笑の渦に!

しかも比嘉さん、やたら慣れてて上手い!

あまりにマジ●チすぎるゲームシステムと、目の前で行われている光景が理解できず、笑いながら「この国はどこへ向かっているんだ!?」と叫んだ国井さんのお気持ち、僕も良くわかりますwww


それぞれのプレゼンが終わり、ライブはいよいよ佳境に。




《第三部・萌え話》

キャラクターと自分自身との絡みを話す、要は妄想トークのコーナー。
しかしながら、そこはプロ。

単に妄想を話すのみと言っても、しゃべりが上手かったです。
ここでは手短に回想&感想を。


☆三平さん

エヴァのシンジ君と朝を迎えた日のことについて。
始めの辺りは、僕も完全にそっち方面の事だとばかり思っていました。

いえ、勘違い"させられて"いました!

『ヲタめし!』効果で、僕もすっかりBL脳になりつつあるのかと自覚。
イカン、イカン、危ない危ない危ない…!



☆サンキュータツオさん

『日常』話の三本立て。
途中、大喜利形式で他のメンバーを話に引き込んでいたのは面白かったです。

僕も『日常』を見ていれば、もっと楽しめたに違いありませんでした!
ホントにタツオさん、日常好きなんだなぁ~。。。



☆比嘉さん

いきなり「僕、今月いっぱいで芸人止めるんですよ」と切り出し、無名事務所にプロデューサーとして就職し、やよいの妹かすみちゃんをプロデュースしていく日々について語りだした比嘉さん。

しかし、話は右へ左へ動きに動き、てんやわんや。
そしてついには…。

比嘉さんの萌話は様式美だと思います。僕は聴いてて凄く面白かったです!



☆国井さん
最後は何と55分にも及ぶ超大作!

これまた「僕が鹿撃ちをしていた頃の話なんですけどね」との語り出しに始まり、謎のコマンドーとの戦い、秘密の館、人形の様な少女とのちょっと小洒落た厨二全開の会話劇、最後の熱い戦いから素敵なエンディングに至るまで、すべてが綿密に練られた萌話でした。

ちなみに、『日常』の萌話です。




何だかんだで、あっという間のオールナイトライブでした。

ポッドキャストは毎週聴いているものの、やっぱり生で見る笑いは臨場感が違いますね。
他のお客さんの反応とか、会場の一体感とかも直に感じられるので楽しいです。

次の4人揃ってのライブ開催がいつになるかはわかりませんが、その時には是非とも参加したいと思います!

っていうか、直近である『4日目』のライブにも行く気マンマンです!!


ここ最近で一番大きい声で、一番多く笑った、最高のオールナイトライブでした。


アニメ会の皆様、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かしま卜電

Author:かしま卜電
毎年を修行の年と位置づけしつつ、振り返ると万年修行のアナログ野郎。


【twitter】
@kashibock

かしま卜電のつぶやき
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。